その他の催し物

天神山文化プラザ土曜劇場関連企画
劇団瀬戸内三大珍獣編   楽しい大道具のつくり方(講義)

ホール第2会議室有料主催募集中

2023年1月28日(土)

1人 500円

今年度の土曜劇場参加団体である劇団瀬戸内三大珍獣の主宰、村上修(螺子頭斬蔵)氏による「楽しい大道具のつくり方(講義)」を開催します。





土曜劇場関連企画


劇団瀬戸内三大珍獣 編
 

楽しい大道具のつくり方
(講義)


2023年3月 劇団瀬戸内三大珍獣
「人狼伝説」公演の詳細こちら




「舞台の大道具を自分たちでつくってみたい!でもどうやったらいいの?」そんな疑問にお答えします。お客さんが喜んだり、びっくりするような大道具をつくってみたい方!舞台大道具づくりの初心者から上級者まで、一緒に学んでみませんか?ご興味のある方はどなたでもお気軽にご参加ください!





 
1月28日(土)9:30~12:00 
(開場は9:00)

天神山文化プラザ1階 ホール


対 象 中学生以上ならどなたでも
参加料 500円
持ち物 筆記用具

お申込み方法 お申込みフォーム またはメール、電話


メールの場合、下記9点を明記のうえ、天神山文化プラザ(担当:中川)までご連絡ください。

①名前 ②ふりがな ③年齢 ④性別 ⑤電話番号 
⑥(未成年の場合のみ)保護者氏名・電話番号 ⑦メールアドレス
⑧学びたいこと ⑨講師に質問したいこと(あれば)

※講座の様子を撮影し、広報に使用することがあります。予めご了承ください。




講師 劇団瀬戸内三大珍獣  主宰

村上 修(むらかみ おさむ)/螺子頭 斬蔵(ねじあたま きれぞう)


プロフィール
「劇団瀬戸内三大珍獣」主催。主に脚本、演出、装置、照明、音響、電飾を担当。・明誠学院高等学校演劇部顧問。「劇団矢萩の森」の脚本、演出、舞台全てを担当。

1984年に真備高(現明誠学院高)に着任。同年、演劇部顧問に就任し、2021年3月末で定年退職するまで37年間指導。同部を全国大会に3回、中国大会に14回、県大会に23回導く。キャンプ場に1カ月泊まり込みでつくる「劇団矢萩の森」の野外劇では、脚本、演出、舞台全てを担当し、現在まで15年間継続。手がけた脚本は、2022年3月上演の「人狼伝説」で89本目。


近年の作品など

「警備員林安男の夏」
第54回 中国地区高等学校演劇発表会
最優秀賞 
文部科学大臣賞受賞(2016)

第63回 全国高等学校総合文化祭演劇部門 優良賞(2017)

「 The Cool!いしいゆうとものがたり2019」
第57回 中国地区高等学校演劇発表会
優良賞 中国高等学校演劇協議会会長賞(2019)

「赤ずきんと肉の食えない狼の話2020」
第58回 中国地区高等学校演劇発表会
優秀賞 岡山市教育委員会教育長賞(2020) 


螺子頭斬蔵Twitter

劇団瀬戸内三大珍獣

2001年発足。時々思い出したように上演する幻の劇団。常に、毎日の生活で疲れた社会人のために、安価で見応えある演劇を上演し、よい週末と元気を提供したい。

近年の作品など

「季春」(2008)
「下町のエルヴィス」(2012)
「幕末急流すべり」(2015)
 

劇団瀬戸内三大珍獣Facebook 


※舞台写真 作演出:螺子頭斬蔵

「悪魔と少女と雪の夜」脚本:螺子頭斬蔵、栂﨑朝香


主催:岡山県天神山文化プラザ 劇団瀬戸内三大珍獣 

お問合わせ先

天神山文化プラザ(9時~18時 ※月曜日休館)
Tel:086-226-5005 Fax:086-226-5008
Email:tenplaza@o-bunren.jp(担当:中川)

講師 村上修(螺子頭斬蔵) 劇団瀬戸内三大珍獣「幕末急流すべり」2015 明誠学院演劇部「悪魔と少女と雪の夜TheLast」2019
明誠学院演劇部「赤ずきんと肉の食えない狼の話2020」2020 明誠学院演劇部「鼠小僧次郎吉2014」2014 明誠学院演劇部「彷徨う僕らと妖怪たちとの夏」2011
劇団矢萩の森「矢萩忍法帖」2016
このページのトップへ

催し物案内