ホールの催し物

 <土曜劇場>LOOP⑩
『子どもの一生』 

ホール有料主催

2022年3月12日(土)~3月13日(日)

【自由席】
一般 前売 2,000円
   当日 2,500円

学生、障がい者手帳所持者:サポーター・介助者、65歳以上
前売 1,500円
当日 2,000円

※未就学児童入場不可
※車いすでご来場の方は、事前に天神山文化プラザまでご連絡ください。
※聴覚障碍者向け無料タブレット型字幕器貸出あり(数量限定、要予約)







LOOP⑩

中島らも初演版
『子どもの一生』

原作 中島 らも
演出 朝松 煌

  
根強い人気を誇る”中島らも”の、笑えるけど怖い伝説の超B級ホラー作品!

現代の社会を予言し、初演から32年の時を経ても
なお、色褪せずに観る者の心に刺さる!
 


演出家G2が“中島らも”に依頼して書きあがった「こどもの一生」の舞台初演は、1990年7月。
当時、時代のキーワードとなっていた「テクノストレス」「精神カウンセリング」「ヴァーチャル・リアリティ」をテーマに織り込んだ内容から、熱狂的な支持を得た伝説的な作品です。
日本全国で幾度かの再演を重ね、1998年には、パルコ劇場でも再演(この時は加筆台本)しました。

今公演では、出演にテレビドラマ「未成年」やNHK「あさが来た」、「マッサン」、映画「仮面ライダーヒビキと7人の戦鬼」等で活躍し、近年では即興演劇公演を行う、元グレートチキンパワーズの北原雅樹を迎え、岡山県内と兵庫県の俳優が演じます。
是非ご期待ください!



あらすじ

瀬戸内海の小島をレジャーランドにするため、下見にきた二人の男。

島には一軒の民間診療施設があり、そこには女二人、男一人の患者がいた。
二人は治療のためと称して入院し、一週間を過ごすことになる。
 
自身の意思とは関係なく、治療のために「こども返り」していく5人の男女。治療は順調に進んでいるように思われたが、、、。



 
2022年

3月12日(土)15:00
開演  19:00 開演
3月13日(日)13:00
開演  17:00 開演

【聴覚・視覚障がい者向け舞台事前説明会を開催予定】
 
詳細はこちらから(随時更新予定)

※開場は開演の45分前
※未就学児童入場不可
※聴覚障碍者向け無料タブレット型字幕器貸出あり(数量限定、要予約)
※ライブ配信、アーカイブ配信について調整中。詳細はこちらから更新予定



出演

北原 雅樹(KIWS)
歩空 ジョージ(劇的集団転機与砲)
椎名 裕子
荻田 眞子
灯 羅美(CARATプロジェクトカンパニー)
藤原 和也
上村 亮太
藤原 康典


LOOP⑩facebook
LOOP⑩Twitter
子どもの一生特設HP

STAFF 照明:有限会社スペース・アート 協力:藤澤 翼 制作:藤原 康典

後 援 岡山県 岡山市 岡山県教育委員会 岡山市教育委員会 山陽新聞
    RSK山陽放送 OHK岡山放送 KSB瀬戸内海放送 RNC西日本放送   
    TSCテレビせとうち
 


【チケット発売中】

通常チケット
天神山文化プラザ2階情報センター(9:00~18:00※月曜休館)
通常チケット販売サイト BASE(購入期限:2022年3月5日(土))


電子チケット
電子チケット販売サイト  PassMarket 
 

※電子チケットご購入のお客様でチケット半券が必要な方は、当日受付でお申し付けください。スマホもぎり確認の際にお渡しいたします。
 

プロフィール

朝松 煌  (あさまつ きら) 演出家・俳優

 
岡山県瀬戸内市出身。20歳の頃から地元の劇団に参加。
東京や大阪等、各地の芝居のメソッドを精力的に学んだ後、演劇公演の企画・演出を手がけ好評を博す。近年では岡山各地に指導者として招かれる事も増え、後進の育成も積極的に行っている。


 
主催:LOOP⑩ 岡山県天神山文化プラザ
 

お問合わせ先

LOOP⑩
tel:086-256-8345
mail:shibaiokayama@gmail.com

演出 朝松 煌 北原 雅樹(KIWS) 歩空 ジョージ
椎名 裕子 荻田 眞子 灯 羅美(CARATプロジェクトカンパニー)
藤原 和也 上村 亮太 藤原 康典
このページのトップへ

催し物案内