展示室の催し物

アートの今・岡山2017「表装」

第3展示室第4展示室無料主催

2017年7月19日(水)~7月30日(日)

「アートの今・岡山」は、岡山における現代美術表現の「今」の姿を紹介する企画展です。
開催12回目となる今回は、日本の伝統技術「表装」の現代における新たな可能性に注目します。
古くから日本人の暮らしを彩り、書画を保護するための「表装」という技術があります。中国から伝えられた表装は日本文化の中で独自の発展を遂げてきました。長い歴史の中で様々な技術や美意識が培われ、それに伴い和紙や木工芸などの産業も発展してゆきました。日本の表装文化は、地域の風土や産業と密接に結びつき育まれてきたのです。しかし現在、日本人の暮らしの変化に伴い、表装は日常から切り離された特別な存在となりつつあり、技術を支える伝統産業と共に存続が危ぶまれる状況です。
一方で、書画を彩り引き立てる表装は、作品と一体化した表現として、画家や文化人によって様々な試みがなされてきました。竹久夢二は伝統的な日本画の技法を用いて新しい時代のスタイルを築きましたが、その精神は表装にも存分に発揮されています。表装の中に保たれてきた普遍的な美や機能性も、時代を切り開くクリエイターや新しい技術とともに進化を遂げてきたのです。
本展では、岡山の表具師と新進アーティストが、ともに考え対話を重ねながら現代美術と表装との融合を試みました。互いの表現や技術に対して「はじめまして。」の関係から始まる新しい創造。瑞々しい感性と伝統的な装いが織りなす洋魂和才の表現をご覧いただきます。
なお、天神山文化プラザ会場では本展による新作のみを展示し、夢二郷土美術館と連携開催します。その後、新見美術館と勝央美術文学館では、天神山文化プラザ展示作品とともに、竹久夢二作品(夢二郷土美術館所蔵)と各館収蔵作品が「表装」をテーマに競演します。地域によって異なる古今の挑戦をお楽しみください。

【出品作家×表具師】

片山康之(彫刻)×加藤萌(漆工芸)×平井龍仙堂(表具)

高本敦基(現代美術)×井上春琴堂(表具)

藤井龍(現代美術)×大西表具店(表具)

杉浦慶侘(写真)×小村芳潤堂(表具)

龍門 藍(絵画)×鳥越泰昌堂(表具)

巛(写真・工芸)×松本清竹堂(表具)

炭田紗季(絵画)×小村芳潤堂(表具)×大西表具店(表具)

 

【会場/会期】

岡山県天神山文化プラザ
第3・4展示室
2017年7月19日(水) ~7月30日(日)
9:30~18:00(最終日は16:00まで)
月曜休館/入場無料
*夢二郷土美術館と連携開催

<巡回>
新見美術館 
2017年9月9日(土)~10月9日(月・祝)(月曜休館)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
月曜休館(但し9/18, 10/9は開館)
入館料金:一般400円(350円)/中高生250円(200円)/小学生150円(100円)
※( )内は15人以上の団体料金 
※障がい者手帳などをお持ちの方は半額
※市内小中学生は観覧無料
※高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料

 
<巡回>
勝央美術文学館
2017年11月11日(土)~12月3日(日)(月曜休館)
10:00~18:00(入館は17:30まで)
月曜休館
入館料金:一般400円/65歳以上・大学生・高校生300円
※中学生以下無料(小学生以下は保護者同伴)
※10名以上の団体は2割引
※各種割引の併用は不可


【連携開催】

夢二郷土美術館 本館 
「LOVE♥夢二」
2017年6月27日(火)~9月10日(日)(月曜休館)
内容:愛され続ける夢二作品の魅力、表装を併せて紹介します。
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
月曜休館
入館料金:一般700円/中・高・大学生400円/小学生300円
※「アートの今・岡山2017」天神山文化プラザ会場入場券(天神山文化プラザ会場で入場者に配布)のご提示で夢二郷土美術館 本館の入館料を1割引いたします。
※20名以上の団体・65歳以上の方は2割引
※割引の併用は不可
※ゆめびぃ会員は入館無料
 

【関連イベント】(予約不要・無料)--------------------------------------------------------

■出品作家×表具師による作品解説
2017年7月22日(土)13:30~
会場:天神山文化プラザ第3・4展示室

■表装の実演
2017年7月23日(日)・7月30日(日)
実演開始時間:①10:00~ ②11:30~ ③13:30~ ④15:00~(各日とも)
掛軸の表装作業の全工程を①~④(各45分程度)に分けて実演します。(各日とも同内容)
会場:天神山文化プラザ第3展示室前ロビー
実演:三宅表具店

■アーティストラウンジ
7月19日(水) ~7月30日(日)の会期中で不定期
アーティストや表具師が滞在し、作品の解説などを行います。
※アーティスト・表具師が不在の場合もございます。
会場:天神山文化プラザ第3展示室ロフトスペース

【ワークショップ】(要予約・有料)--------------------------------------------------------
申込・問い合わせは各開催館までお願いします。

■「和紙と糊でフレームをつくろう」
2017年9月9日(土)・11月18日(土)13:30~(各日とも)
岡山県産の手漉和紙と表具用の糊を使ってハガキ掛けを作ります。(各日とも同内容)
会場:9月16日:新見美術館/11月18日:勝央美術文学館
※各回で開催館が異なりますのでご注意ください。
※勝央美術文学館の申込受付期間は10月17日(火)~29日(日)(月曜休・定員に達し次第受付終了)
講師:岡山県表具内装協会
参加費:500円(材料費込み)
対象:小学生以上一般(小学校低学年は保護者同伴)
定員:各日12名
申込・お問合せ
・9月16日:新見美術館(Tel.0867-72-7851/art@ex.city.niimi.okayama.jp
・11月18日:勝央美術文学館(Tel.0868-38-0270/shoomuse@town.shoo.okayama.jp


■「日光写真を体験しよう」
2017年9月17日(日)13:30~ 
お日様の光で焼き付ける写真づくりを体験します。
会場:新見美術館
講師:巛(セン)相澤心也(写真家)・小田聖子(工芸家)
参加費:500円(材料費込み)
対象:小学生以上一般(小学校低学年は保護者同伴)
定員:10名
申込・お問合せ:新見美術館(Tel.0867-72-7851/art@ex.city.niimi.okayama.jp

■「漆のお箸をつくろう」
2017年11月23日(木・祝)13:30~
自分だけの漆のお箸をつくります。
※漆は体質によってかぶれる場合がありますのでご注意ください。
会場:勝央美術文学館
講師:加藤萌(漆芸家)
参加費:500円(材料費込み)
対象:小学生以上一般(小学校低学年は保護者同伴)
定員:8名
申込受付期間:10月17日(火)~10月29日(日)※月曜休・定員に達し次第受付終了
申込・お問合せ:勝央美術文学館(Tel.0868-38-0270/shoomuse@town.shoo.okayama.jp


主催:「アートの今・岡山」展実行委員会、岡山県天神山文化プラザ、岡山県、新見市、新見市教育委員会、新見美術館、勝央町、勝央町教育委員会、勝央美術文学館
共催:(公財)両備文化振興財団 夢二郷土美術館
助成:公益財団法人 福武教育文化振興財団
協力:岡山県表具内装協会、(一社)クリエイターズラウンジ

 
 

お問合わせ先

岡山県天神山文化プラザ
Tel 086-226-5005

片山康之 「NIIMI」 2017年 神代和紙、墨、鉛筆、パステル/水彩 杉浦慶侘 「小村芳潤堂との共作のために」2017年 顔料・エプソンPX/MCプレミアムマットペーパー/インクジェットプリント ©Keita Sugiura 高本敦基 「表具のエチュード」(制作風景)  2017年 書、表装、映像 井上春琴堂、小野玲華との共作
龍門 藍 「花」2017年 絹本着色 炭田紗季 「富士山」(部分) 2015-2017年 キャンバスに油彩/描表装 大西表具店による修復 巛(セン) 「襦袢の男」(参考作品) 2016年 鳥の子紙、アクリルに着色/アルビューメンプリント
藤井龍 「selves」(参考作品) 2016年 パフォーマンス、映像、台本 加藤 萌 「色に向かう」(参考作品) 2017年  漆、麻布、和紙、ガラス/乾漆
このページのトップへ

催し物案内