展示室の催し物

<天神山文化プラザ収蔵作品展>
「テン・コレ2018 ~野平上が描いた郷土~」

野平上「オリーブ園斗松樹群生」

第1展示室(小)無料主催

2018年12月11日(火)~12月16日(日)

開催時間 9:00~17:00(最終日は16:00まで)

「テン・コレ」は、天神山文化プラザの収蔵作品をご紹介する展覧会です。今回は、昭和期の郷土洋画壇で活躍した洋画家 野平上(のひら のぼる 1901-2003年)の作品を紹介します。
大阪市出身の野平は、東京美術学校で洋画家藤島武二に学んだ後、総社高女(現総社高)へ赴任。岡山操山高校、岡山大学などで後進を育てる傍ら、美術団体「光風会」に所属し、牛窓のオリーブ園や後楽園、大山といった郷土の風景を描き続けました。
本展では、郷土の風景画を中心に自画像や愛用品も展示します。「外に出ると自然が呼びかけてくれる。自然の造形は神の業。」と語り、自然に感動しながら楽しんで描くことをモットーとした野平上の制作をご覧いただけます。

◆協力◆工房枯葉華

お問合わせ先

岡山県天神山文化プラザ 
Tel 086-226-5005

このページのトップへ

催し物案内