天神山文化プラザとは

さまざまな用途に対応できる、
芸術文化活動と文化情報発信の拠点

岡山 県民の身近な芸術文化活動と文化情報発信の拠点として、5つの展示室、270席のホール、5つの練習室、2つの会議室と、美術展の図録などが自由に閲覧できる文化情報センターを備えた文化施設です。

「天神山文化プラザ」(旧称:岡山県総合文化センター)は、図書館を中心とした施設として1962年に設立されました。’04年に図書部門が県庁北側に移転し、’05年にリニューアルオープン。’08年4月より社団法人(’12年4月1日に公益社団法人に移行)岡山県文化連盟が指定管理者として施設の 運営・管理をおこなっています。

当館は、貸館と自主事業を二本柱として展開しています。自主事業には、岡山県ゆかりの作家を紹介する個展形式の企画展「天プラ・セレクション」や、県内の劇団が実験的な舞台に挑戦する「土曜劇場」などがあり、このほかにも文化芸術の発信拠点として様々な催しを企画・開催しています。

施設概要

  • ホール(利用時間:9時~22時 ※催し物により開場時間は異なります)
    席数270のホール
  • 展示室(利用時間:9時~18時 ※催し物により開場時間は異なります)
    美術作品の展示を目的とした5つの展示室
  • 練習室(9時~22時)
    用途に応じて使い分けできる5つの練習室
  • 会議室(9時~17時)
    大小2つの会議室
  • 文化情報センター(9時~18時) 
    文化芸術関係の雑誌やチラシ、展覧会の図録等を閲覧できます。
    予約申請・支払の窓口(スタッフルーム)はこちらです。
このページのトップへ

 

建物について

天神山文化プラザは、昭和37年6月に、岡山県総合文化センターとして開館しました。
建物の設計は、モダニズム建築の巨匠・前川國男によるもので、屋上庭園、ピロティ、吹き抜けレリーフなど、当時のモダンなデザイン手法が随所に見られます。






バリアフリー

当館ではスロープや段差解消機等が設置されており、車椅子の貸出(無料)も行っております。
また、各階には、多目的トイレ(1階はオストメイト対応)や、授乳やおむつ換えができるベビーコーナーもございます。


このページのトップへ